嫁まずブログ

副業で街コンしてる人が紹介してくれた

アパレル会社の社長で街コンを副業にしてくれる人が女性を紹介してくれた。
まず3人紹介してくれた。
実をいうと、この頃仕事も忙しく残業が50時間を超えていた。
さらに、紹介してくれた女性はビビっと来ないわけで、一応会ったけどうまくいかなかった。
問題はこの街コンシステムは、男性は断れないというシステムだった。
だから、一度どこかで会わないと次に進まない。
三回ぐらいすると、もう仕事も忙しすぎて、「もうやめとこう」ってなった。

この頃に仕事のストレスは限界に達していた

彼女と別れて7〜8か月たったぐらいかな。
残業も50時間を超え、当直もする。
職場には仲のいい人もおらず、一人で口をきかず黙々と仕事だけをする日々。
もう疲れていた。

仲良くなった医者は、私のことを本当に気遣ってくれた。
飲みに誘ってくれたり、私に女性をもっと紹介する場を作ろうとしてくれた。

ちょうどそのころ、アパレル会社の社長から4人目の紹介のメールが来た。

写真もぼやけて暗くタイプではなかった

写真もぼやけて暗くタイプではなかった。
自己紹介も文字化けしていて読めなかった。
もう会わないでおこうと思った。
すると、何度も向こうから、夜何時でもいいので会いたいといっています。
というメールが来た。

仕事も忙しいけど、まあ帰り車でちょっといってチャッと終わらせればいいだろう。
仕事終わりに会うことになった。
残業してから、確か夜の8時半ぐらいだったと思う。
長堀橋のクリスタ長堀に車を止めて、東急ハンズで待ち合わせした。

この記事のカテゴリー一覧に戻る:結婚する前、出会いお付き合い