嫁まずブログ

初めての街コンは辛い現実。友人に相談

年収が300万円しかないので婚活に突然お金をかけることもできません。
むしろ、貯金や収入は新しい自分の彼女=お嫁さんに使いたいと思っていました。
ですから、一番値段の低い婚活、街コンから始めました。

初めて街コンに行ったら、辛い現実に打ちのめされる

1回目は天王寺のビルの上のレストランで街コン

初めて街コンに行きました。
すると、話すこともないし、その場にいる女性がタイプでもないし、まったく何もできないのです。
興味がない容姿、趣味も合わない、会話も合わない女性しか来ない街コンでどうやって彼女を見つけるのか途方にくれました。

2回目は確か天王寺の美術館だったか

同じ主催者の街コンに2回目に行くと、男性陣は同じメンバーとか笑える。
まったく知らない人通しで、たまたま会った人と仲良くなるなんて到底思えないと思いましたね。
でもいいかなと思った人にアプローチしても、気持ち悪いオッサンで終わりました。

ホワイトキーに2回ぐらい行きました

ホワイトキーは40対40ぐらいの出会いの場で、一人1分の自己紹介を40回行い、フリータイム2回で話し、その後マッチングするというものでした。
一応マッチングできて何回か会いましたが、これもうまくいきませんでした。
1回4000円ぐらいかかります。月2回行くと8000円か。交通費合わせると1万円を超える。 もう彼女はできないかも。さみしいな。
でも仕事も忙しいし、まあ当分仕事するか。

それを職場の友人の医者に相談した

医療事務という仕事上、職場には医療職の人がいっぱい働いています。
その頃、一番仲の良かった医者の友人にアパレル会社の社長がいて、その人が女性を紹介してくれるという話をもらった。
検索すればもしかしたら出てくるかもしれないけど、アパレルの社長で副業で街コンサービスをしている人。

その人とメールをすることになった。

この記事のカテゴリー一覧に戻る:結婚する前、出会いお付き合い