嫁まずブログ

ヘラヘラする、すぐ諦める4才は対話が大事

4才だけどヘラヘラしてるというか、ちょっとやってでけへんかったらすぐ諦めてるような気がしたわ。
自転車とか。そういう難しいことをすぐに諦めずに取り組むようになるには、どうしたらいいか

ヘラヘラしてる、すぐ諦めるは小さい今はかわいいけど、このままいったら勉強ついていけなくなりそう。

まずは言葉のキャッチボールをちゃんとやることかなあ

言葉のキャッチボールから

単純に、なんか聞いたらちゃんと答える。ちゃんと答えさせる。
それでその答えに対してまた言葉を投げる。
その繰り返し。

なんでも対話が大事やな。

例えばプールをやめるのも、嫌がってたからだけじゃなく、ちゃんと意思表示させる。
なんでやめたいか、言わせる。

んで、頭ごなしに否定したらあかんけど、こちらの思いとかもあるやろから、言う。

で最終的にやめたら、次どうするか。なんでもいいから話し合うのが大事やわ。

子供に意思表示させて否定しないことも大事

意思表示をさせること。でそれを肯定する(否定しない)こと。
これをやってたら自己肯定感を持つようなるから勉強できるよりよっぽど良い。

夫婦で話し合って協力してやるといい。

この記事のカテゴリー一覧に戻る:二人目育児と長男が自閉症スペクトラム障害で療育を受ける話