嫁まずブログ

施設で妻が自殺企図がある人の対応をしているみたい。

なんか子育てに影響がある。
長男幼稚園児が何度か大泣きすることがあるんだけど
妻の対応に問題がある。

用事で家を出る
時間なのに服を着替えないから
無理矢理脱がせて着替えさせたり
お風呂に入らないからといって、
子供を引っ張ったり、引きずったり。

本人はなんとも考えてないのか、一般的に社会的に社会通念的に、第三者に見られたらそれは虐待だよ。
軽く指摘すると、次は夫への暴言が始まる。

最近施設で働く妻は、自殺企図がある人の対応をしているみたい。
暴力経験あり、自殺企図経験あり
凡人は関わるだけ 会話するだけで
簡単に歯車が狂う。

見るだけ、会話するだけには普通の人と思いきや、
狂った人というのは独特の世界感があり、
凡人が触れると、変な方向に考え方などが歪められてしまう。

息子にこういうくだらない、
言葉の暴力や引っ張ったり、無理やり何かして泣かしたりとか
普通大人だからわかるだろうという感じなんだけど。
自分が仕事が休みでいるときは間に入るけど、
当直の時はうまくやれているのかかなり不安。
不満でもある。

施設で働く、看護師や介護師もそうだけど、こういう狂った人の対応をしないといけないのも大変。
老人ホームやケアハウスなどの施設、自殺しないようにするというか、そういうことをしないといけないというのも変な話だなと思う。
大変な仕事。

この記事のカテゴリー一覧に戻る:二人目育児と長男が自閉症スペクトラム障害で療育を受ける話