嫁まずブログ

3歳で感覚統合訓練は押し付け?責任転嫁?嫁は医療保険で療育を受けたい

感覚統合訓練が巷で流行っている。
うちの息子も被害?を被っている。

幼稚園などで他の子よりもことばや運動の遅れを指摘される
一般的に幼稚園 保育園 他の子の遅れは
癇癪を起こす みんながやっているのに自分はできない
人のものを強引に取る 手が出る
等の問題から指摘される

うちの息子は自閉症スペクトラム障害らしい

3歳だと他の子が会話ができるのい会話ができない
癇癪を起したり 鳴いて手がつけられなくなったり
片付け中など自分物を片付けるのじゃなく人のを取ろうとする
弱い者いじめをする
強引に取ろうとして手はでないが頭で他の子を押す
食べるのが遅い 最後になって片付けようとしても片付けるのを拒否する
などの問題行動があるらしい

問題は共働きの家庭にあります、と言えばいいのだが…自分のせいにしたくない嫁

(本当は育休中の嫁がしつけや公園に連れて行かないなどをなんにもしない怠慢が原因だといいたいが )
いやそれ3歳だから当然だろと少し主張したが
今の時代は違うらしい?
押し付けなの?

まあ改善に向けた行動をしないと親としてどうかという烙印を押されかねないので 嫁は必死に考えているらしい。(その必死さが怠慢だった反省の答えかもしれないが)
女性、母はそういったどうでもいいことを考えるのが大好き。

それを改善する、他の子に追いつくための感覚統合訓練という医療リハビリらしい。

自閉症スペクトラム障害は保険=乳児医療子供医療=医療費タダで受けるためのレセ病名

広範発達障害だったが
自閉症スペクトラム障害
診断をつけて保険適用でリハビリ
感覚統合訓練 子供にとって遊び
遊びを通じて 運動などの遅れを取り戻していく
子供医療は無料なので流行っている

昔は発達障害 なかなか病名もつかないし つくと大変 偏見もある
いまはない
無料でお得という認識
なんか変だな
親が 子供の面倒をみなかったから 成長が遅れているのを 人のせいにしているだけじゃないかと思う。

うちも急いでケッターサイクルを買ってトランポリンも買った。
そういうのをもっと早くやってあげればよかった話。
まあ今でも全く遅くないが。

医療保険で療育を受ける流れ

まず役所の育児相談
紹介状
病院
今人気で1か月に1回
事業所ならもっと頻回にうけれるかもという感じらしい。

紹介先の病院はすごい待ち時間らしい
一点集中とかレベルの低さが垣間見える。

この記事のカテゴリー一覧に戻る:二人目育児と長男が自閉症スペクトラム障害で療育を受ける話