嫁まずブログ

保育園の先生と喧嘩する息子3歳は自閉症スペクトラム障害

スぺクトラム障害といわれるゆえん
保育園の先生との喧嘩。
(息子はかなりイケメンなので一般的女性が見るとほとんど可愛いと思うはずなんですけど)

保育園で、
工作の時間、3歳息子は
糊を塗る部分を逆に、して、
いわば色をついているほうに糊を塗って
工作を勝手にしていたらしい。

保育園の先生は糊付けは、
「糊付け」と書いてあるところにしかしてはいけない!
といって起こったらしいが、
保育園の先生のなんというケツの穴の小さいこと。
(比喩だけどひわいな言葉だな)

息子はベネッセのチャレンジで毎月はさみと糊工作をしているため得意

ホップ受講中。息子はベネッセのチャレンジで毎月はさみと糊工作をしているため得意

息子ははさみと糊付けが得意。
だから、保育園でその教材を渡されて、
僕こんなの余裕!!!簡単に切れるし、簡単に貼れる!と
意気込んでやってるんですよ。たぶん。

だから、保育園の先生は
のりを塗るところが違う!って怒るのは間違っているんですよ。

3歳ではさみを自由に使えて糊を使えて、賢いね!
手際もいいね!とほめてあげねばならんのですよ。

いってきかせてほめてやらねば人は動か痔ですよ。

でも、糊を塗る面はこっちのほうがいいんじゃないかって逆に提案して、本人に納得させないといけない。
うちの息子は病院で発達障害、スペクトラム障害と診断されて、
療育に通っていて、そのことを先生も知っているはずなのにその指導って何年その仕事やってんだって感じですよ。

発達障害なんてうちの息子が地域発じゃないでしょうよ。
保育園の先制してたらいろんな子供がいるでしょうよ。
それなのに息子の発達が遅いというから、役所も嫁もそう判断して、病院に行く羽目になったんですよ。

息子が発達障害と診断されて療育に行くのは
事の発端は保育園の先生だったりする話でした。
(癇癪を起すので困るとクレームを入れたため)

この記事のカテゴリー一覧に戻る:二人目育児と長男が自閉症スペクトラム障害で療育を受ける話