嫁まずブログ

育休取得のために働く苦痛。不妊の原因はストレスの難しさ

雑感。

弟夫婦も子供が欲しいので妊活中だがなかなかできないそう。

息子嫁は仕事に苦労しているらしく、弟の稼ぎがよくないため、 うちと同じように嫁が出産時に育休を取りたいため、 ストレスの中仕事をしている。
(仕事のストレスで一旦休職し復帰するほど)

でも、ほっと話の冒頭を聞くだけで不妊の原因がわかる。
不妊の原因は仕事のストレスでは?

悲しいかな仕事というのはミスマッチはあり得ます。
ですが、女性の場合は育休を取るには2〜3年同じ職場で働かなければ取らせてくれないので、自分に合わない仕事を続ける人は多い。

私も以前、
疲れた時、ストレスがたまった時に歯茎と顎が痛くなるんです。
と歯科医に相談すると、 医者は「仕事をやめたらいい」というクズ返答されました。
(大阪市江坂の矯正歯科です、元済生会病院の歯科医らしいです)

おそらく、
社会の勝ち組どもは、こうして一般人の苦労や苦痛を知らないし、理解する必要もないので、 女性活躍社会とか言われていますが、
悲しいかな、日々の生活費を稼ぐだけのストレスで、不妊になってしまい、 結局は日本の人口は増えないのです。
(日本の会社は著しく生産性が低い、儲からないためです)

そこでネット副業なんですが、 ここ3〜4年で参加者が増えすぎて、本当に稼げなくなってきています。
相当な能力がないと稼げないんですが、 一般人はそんな能力がなく稼げない。

(脱線しますが、ある投資家が10万円で、これを数千万二してみせるといいながらいなくなりました、結局は投資はかけ事でその人も運で財をなしたでしょうが、成功者すら元本が少ないと稼ぐのは相当難しいです)

結局はスパイラルなわけなんですね。
自分は一般的には40歳無役職の負け組ですが、完全に負けたとは思っていません、
人生のチャンスが来るのか来ないのか、行動しないといけないので、ずっとなにかやってます。
このブログもそうです。
全部うまくいってないんですけどね。

この記事のカテゴリー一覧に戻る:二人目育児と長男が自閉症スペクトラム障害で療育を受ける話