嫁まずブログ

私学の医学部は嫁却下。でも偏差値70以上の弟の現在年収は300万円

高校までは公立に行かせる予定だが、
万が一、
私の弟のように頭の出来がよく、偏差値70以上あれば
医学部に行かせたいと思う。

偏差値70以上の弟の現在の年収は300万円

私の弟は偏差値70以上あった、
私立高校の特進クラスだったが、疲れたのかなぜか中退して
イズミヤの精肉店でバイトし、
定時制高校から文系国公立に進学した
当時母は医学部も勧めたそうだが弟が行かないと言ったらしい
これは絶対うちが貧乏だったからだ。
私と同じ、父親は年収300万円台。
私が私立の理系大学に言って年間147万かかっているのを見て、
(もちろん奨学金借りてたけど)
弟は貧乏で嫌になったのかもしれない。

自分の子供がもし、同じ選択肢をたどった時、
絶対に行かせてあげたいと思う。
これを嫁に言ったら却下と言われた。
冷たいやつだ。

さておき、貧乏人が貧乏から抜け出せるチャンスの90%は大学受験ですという言葉も有る。

計算上年収300万でも私立医学部に入れる

医学部を卒業し医者になると現在は平均年収1400万円、
文系国公立を主席卒業した弟は結局、生命保険会社のグループ会社に入社し、年収400万円ぐらいだったわけだ。
病気になり退職し、現在は年収300万円台の事務、まあ私と同じ年収だ。
偏差値70ぐらいあったとしても、一般企業で年収400万円の壁を突破するのは相当難しい。

実際サラリーマンしたらわかるが、役職者全員頭おかしい。能力無いのに給料いい人いっぱいいる。そういう利権を手に入れられたら別だが、後ろ盾0は難しい。
医者のいいところは、取得が難しく、珍しい資格なだけでどこで働いても給料がいいところ。

医学部の私学は学費が高いと言っても、関西医大で2700万円準備すればいい。
うち、医学部の地域枠入学、自治体の奨学金なら、私学でも月額0円で入学できる可能性も0ではなく、 無理でも徳洲会の奨学金、6年間で1000万円借りれる。

年収300万円でも、子供が大学生までに約2000万貯金すればいいわけで、 今、息子1人目3才と息子2人目0才の段階で、嫁の貯金800万+夫700万=1500万あるので 年収300万でも大学までに私学医学部の貯金は可能だ。
(ちなみにマイホームは現金一括で購入したのでローンはなし、車もローン無し)

嫁にプランを説明したら、
3歳で会話すらできないぐらい脳の成長が遅いのに
医学部入るとか無理、
医学部3000万????却下!!
と言われましたが、息子には医者になってとはヒトコトも言わない予定ですが、
そういう選択肢も選べるようにしたいと思っています。
夢幻かな。

この記事のカテゴリー一覧に戻る:二人目育児の話