嫁まずブログ

町内会・自治会の役員に妻の謎のやる気

駅前(1分)にマイホーム購入した。
奈良県でも新築なら3500〜4000万以上する。
自分は8年半後中古で2250万で購入。
周囲は8年半前に新築で購入した金持ちばかり。

周囲は金持ちというか中流家庭がほとんど。
自治会に力を入れている。
自治会で街頭をたくさん導入したり、(確かに夜でもかなり明るい、田舎なのに)
警察のパトロール追加(以前空き巣があったらしい)
など力を入れている。

自治会は集まりなどがありめんどくさいので嫁は批判的だった。
でも地域の人に子供の顔を覚えてもらう、何か合った時に。
だからつながり重要というわけで一応役員に立候補しておいた。

ちょうど 役員の抽選 仕事で出れなかった
仕事で出れないと町内会長に手紙をポスト投函。
新型コロナウイルスの影響で町内会の会議もない。

抽選の日、嫁が参加して抽選し役員の一員に。
ラインも交換したらしい。
やりたくないだろうからLINEのやつ教えてというと、なんと教えてくれない。

自分が見るから届いたらみせたるわと謎のやる気。
妻は仕事柄組織というしがらみが大好きなのかもしれない。
自分は嫌いだけど。

この記事のカテゴリー一覧に戻る:貧乏は現金一括で家を買った