嫁まずブログ

妊娠10週、夫の親には安定期に入るまで言わない

子供のために蓄え貯金しないといけないな。
缶コーヒー大好きなのはやめられないのですべてスーパーで買う。
職場では、昼飯、コーヒー、お菓子をコンビニで買わない。
全部家から持っていく。
その場で買わない。
コンビに使わない。
自動販売機使わない。

夫の親には安定期に入るまで言わない

妊娠したことをうちの親に言ったら喜ぶので教えたいのですが、余命に言うとまだ言わないと。
つわりで電話やメールを返すのが面倒だからだそうだ。

安定期とは、妊娠16〜28週を指す。
妊娠5〜7ヶ月頃。
この頃になるとつわりも収まることが多いそうだ。

でも妊娠したとしてもまだ子供が生まれると決まったわけでもないし健常児が生まれると保障されるわけでもない。
だから、これであまり喜んでもらうのも逆に困る。

援助はお金ではなく物を借りるだけにする

あと、祝い金はできるだけ貰わないようにする。
もう結婚祝いでいろいろもらったので。
後は、出産の日程が決まれば何を買うかなどの準備品をそろえる必要がある。
そうなったときに、親や親戚にお金を貰うんではなく、物を(服やベビーカーとか)借りようという面で援助を受けたいと思う。
確かに私は貧乏だけど、お金をもらうというのはしたくない。
妻にも話したら、ふ〜んという感じだった。
賛同してくれるということだと思っている。
妊娠10週で夫の私が思ったことでした。

この記事のカテゴリー一覧に戻る:共働きでも子作り準備と出産