嫁まずブログ

夫婦の悲しい言葉、あなたが死んだら貯金を使わせてもらう

嫁は現金な性格なので、
公然とあなたが死んだら貯金を使わせてもらうと言われたのが
心に深い傷を追って、忘れられないよね。
人のことを考えない言葉とは夫婦の悲しい言葉です。

まあ現実主義的なのが嫁のいいところではある。

女性って、草食系男子の私からすれば
自己中で暴走するし、結局は自分一人で行きられるわけで、
すぐに自暴自棄になるし、未来を考えてないし、
まあ、一般的な厨ニ病から比べたら嫁はだいぶマシかと思っています。

自分が先に死んだら、財産がどうとか親と縁を切るだとか言う嫁には落胆

でも、
自分が死んだら、
夫の親を大事にしてくれないだろうし、
おそらく貯金の財産分与で揉めるだろうし、
(嫁は2分の1で夫の実親にも分与の権利はあるが、嫁は100%それに対して文句をいうのでトラブルだろう、全部私のものだって100%言うわ)
節約で2000万貯金あるけど、よしわるしだなぁと思いましたね。

お金って怖いわ、アホがよってかかるからな。
お金っていうのは自分で苦労して毎月貯金して、結果、溜まるもんで、
働かずにお金を得ようなんて考える人はバカしかいない。

まあ、嫁の言う、「あなたが死んだら貯金を使わせてもらう」、は暇なときふと頭をよぎって、心を引きちぎられる感じがして胸糞悪い。

この記事のカテゴリー一覧に戻る:子育て開始