嫁まずブログ

マンゴーを食べ過ぎると肝臓に悪い。果物は果糖も多いから肥満の元

嫁と嫁のお母さんが2才息子に毎日果物を上げるのを辞めさせたい。
休肝日を作ってあげたい。

息子は丸くて肥満気味でお腹もかなりでている。
2才半すぎても歩くのも走るのも言葉も他の子よりも遅い。
言葉が遅いのは個体差かもしれないけど、 歩くのや走るのが遅いのは肥満のせいです。

だって、毎日果物をあげるんですから。
嫁と嫁のお母さんが果物を毎日上げるのを止められない。

嫁と嫁のお母さんは料理が得意じゃなく、面倒だと思っており、 レトルトやほかほか弁当が主体で、 栄養が足りないからと言い、果物を上げている。
さらに、果物を上げると期限が良くなるというというので上げている。

動機としてはかなりよくない。

夫である私の方針で、できるだけ私がいるときは料理は手作りをしているが、 保育園のランチやレトルトやほかほか弁当が美味しすぎて、私の手料理を全く食べない。

非常に困る。
でも手料理を食べないからって、たらないから果物を上げるのも止めても聞いてくれない。

機嫌がよくなるからといって上げるのは子育てじゃなく親の甘えです。

果物は果糖も多いから肥満の元。
よくマンゴーを食べ過ぎると肝臓に悪いっていうでしょ(脂肪肝)
食べないなら食べないでいいじゃないか。

と説得しても嫁は息子に果物を上げる手を止めてくれない。
人の話を聞いてくれないのは悲しい。

食育の大事さは嫁には伝えているがわかってくれない。
栄養は取ればいいっていうものじゃない。
ちゃんと手料理も栄養バランスを考えて作っている。
食べないなら、逆に少ない食べ物から栄養を取るという人間的な生命本能をくすぐるチャンスではないのか。
もう既に肥満だから、何日か食べなくてもかわらないんだけど。

嫁の意見は食べないとひもじくて可哀想と思うらしいけど。
(嫁は昔父の収入が良かったせいか、すぐにひもじいという言葉を使う)

子育て方針っていうのは考え方の違う嫁と行うから難しい。

家のリフォームも嫁の言うことをしょうがなく採用したら部屋がめっちゃ狭くなって悲しい思いをしている私が居る…
嫁は頑固だからな、だからこそ私より収入があるのかもしれないが。

この記事のカテゴリー一覧に戻る:子育て開始