嫁まずブログ

赤ちゃんの夜泣きを減らす方法

嫁目線で書くと「夜泣きで疲れた夫を起こさない方法」です。
息子も0歳3か月になりました。
別室、隣の部屋で毎日寝かせてもらっています。
毎日仕事で忙しいので夜はぐっすり寝かせていただいてます。

でも、自分の母や父の話を聞くと、赤ちゃんの頃は深夜遅く夜泣きで起こされ、父は寝ずに出勤とかよくあったそう。
私は今のところ赤ちゃんの夜泣きで起きたことがない。
嫁がいろいろやってるみたいです。

赤ちゃんの夜泣きを減らす方法

最後のミルクは0時以降にあげる

夜の9時半に2回前をあげると次3時間後、0時30分にミルクを上げる。
そうすると、夜寝ている時間を延ばせます。
寝るところは真っ暗にすることも大事です。

さらに、深夜夫を起こさないために、添い乳もしてくれています。
赤ちゃんが深夜早朝にぐすると、寝ながらそのままおっぱいを上げるそうです。
あげるとそのまま朝まで寝ます。
いつも同じですが私が出勤する朝7時台には赤ちゃんはまだ寝たままです。

ミルク時間をずらして夜泣きを減らすことができる一方、難点は赤ちゃんが夜型になってしまうところです。
うちの場合、赤ちゃんが寝るのはいつも深夜1時。朝起きるのは11時過ぎだそうです。

働く父のライフスタイルに合わせると夜型になり、もしかしたら赤ちゃんの成長を妨げているかもしれません。

げっぷと便秘対策

赤ちゃんがぐずる、機嫌が悪くなる理由はいろいろあります。
おしめが濡れていたりしても機嫌が悪いですよね。
うちの場合はげっぷできない、便秘でも機嫌が悪いです。
なので一般的な対策をすればいいです。

ミルクを一杯飲ませた後はげっぷさせて5分ぐらい立てておくこと。
便秘対策は綿棒でお尻の穴を刺激したり、砂糖水を飲ませたりすること。
こうしたストレスを取り除くだけで、夜泣きは劇的に減らせます。

最後にパパとママの精神が安定していることも大事。
よくママが神経質な人がいます。
神経質だと焦りは赤ちゃんに伝染します。
いろいろ大変だと思うけど焦らない、気を短くしない、イライラしないことが大切だと思います。

この記事のカテゴリー一覧に戻る:子育て開始