嫁まずブログ

ウェディングドレスが高い理由は彼女の価値の証明

それは彼女の価値。
ワタベウェディングだと上限が30万円だった。
それは顧客の年収など、相場で、この部分に上限をつけることが一番いいと判断しているような感じがする。

そのウェディングドレスは1時間レンタルで30万!?

結婚式という商材は本当におかしな考え方で、値段が高いから、その値段の高い物を買ってあげる、それは価値がいいという勘違いでできている。
だから、私はなぜこんなにも、その衣装棚にあるウェディングドレスを1時間借りるだけで数十万円かかるの理解できなかった。

本当は、素材、デザイン、希少さや、取得の困難さ、そういったものを織り交ぜたものが価値につながる。
だけれど、結婚式のウェディングドレスなんて、ポリエステルなどの素材でできていて洗いやすいようにできてます。
結婚式の会社はそれをクリーニングに出すだけ。
在庫は普通にそこに置きっぱなし。
ポリエステルなどの素材は長持ちするし劣化しにくいですからね。

数十万円かけるというのが結婚する相手の価値と換算される

それなのにたった1時間のレンタル代が30万。
その30万円という値段の価値が、彼女・女性の価値を証明するものになる。

という考え方。

なんでもいいものをいいものを。
そのプライドは彼女の両親からくるものらしい。

だけれども、私と付き合うことで、その考え方は捨ててくれている。 結婚式だけは…という。

男性的な考え方ができる女性だと、ウェディングドレスは安い物でと思えるんでしょうね。
人に借りたり、中古を買ったり。
中国の仕入れサイトなんかで見ると、日本では数十万するドレスが数万円で買えますし。

昔的な考え方の人が、結婚式会社で高いレンタル代を払うんでしょうねと、思ったりしました。

この記事のカテゴリー一覧に戻る:沖縄新婚旅行