嫁まずブログ

夏涼しい、冬暖かい駅近の高性能中古住宅を買いました

1年以上悩んだ末、とうとうマイホームを買いました。
田舎なので新築建売は十分買えましたが、
新築建売を夏、冬とみると、
綺麗で広くていいんですが、夏は暑いし、冬は本当に寒い。
中古でいいから高性能住宅の方が住みやすいかもしれないということで、
狭い中古住宅を買いました。
いわゆる、駅近駐車場・ソーラー付き高性能中古住宅です。

値段もさることながら
狭い中古住宅にした訳がある。

1.立地 駅近(走ると1分)なのに一筋入るだけで電車の音が聞こえない静かさ 駐車場付き(資産価値、リセールバリューが高いこと)
2.収納が多い(居住空間を圧迫するほど多い)
3.冬暖かく(床暖房付き)夏涼しい(リビングが狭いのでクーラー利きやすい)、ツーバイフォー工法(いわば断熱がしっかりした高性能住宅の中古)
4.ソーラー付き中古住宅(建売に後付は施行不良が多いし結果的予算オーバーになる)
5.上記を優先し広さは諦めたが、コンパクトでいいんじゃない?
6.中古なので傷をつけても汚しても気にしない!気が楽!
7.玄関入って家の中が臭いの原因はワックスだったわけだが住むと気にならない

だが、選んで失敗したかもっていう点といえば

1.やっぱりリビングが狭い。リビングスペースが8畳は狭い。今の時代12〜16畳が当たり前なのに。
2.2階の間取りが変だから1階同様将来リフォームが必要
3.窓が特注の大きさなのでカーテンレールが売ってないので未だカーテンなしの生活
4.駅から人間が走って1分以内と好立地だが、周辺の道路が狭い。
嫁が車を運転するときはアップダウンが激しい遠回りしている、
地域的にアップダウンが激しい一帯で家も坂道に立っている。
しかも大通りに出る近道は非常に狭い軽自動車1台分の道。、
さらに、その非常に狭い道に住む人は道を私道のように使っており、たまに道路をアルファードで通せんぼする。

この物件は新築を買うと最低でも3500〜4000万円するので絶対に自分では買えなかった。
中古だから2200万円ぐらいで購入できました。
求めるときりがないのでこれぐらいで良かったんじゃないかと思います。

この記事のカテゴリー一覧に戻る:結婚式が終わった後も忙しい