嫁まずブログ

フォトウェディング予算オーバーで2倍になる理由

クレールというところでフォトウェディングをすることになった。
リゾート結婚式では出来なかったカラードレス、白無垢、和装をやりたいという願いをかなえるため。
だが、妻はそれに加えまたウェディングドレスも追加。
結局4着も着替えることに。

フォトウェディングは写真館のほうが圧倒的に安い

値段は始めは、
ワタナベ写真館とチャペルクレールを比べ、
8万円から始まって、
同じ8万円なら高級感が有るチャペルクレールにしようということになる。
(ワタナベ写真館は衣装代は無料、写真が1枚6000円)

グレードアップで予算オーバー

値段が高くなる理由は前回のエントリーと同じ。
グレードアップは自分の価値という考え。

チャペルクレールはワタベウェディングと同じ商法を取っており、グレードアップで追加料金がかかる。
グレードアップは、自分の価値と女性は感じるので、どんどんグレードアップしていく。
見積もりで14万になり、当日18万になる。
そして、撮影直前に追加してほぼ20万円になってしまった。

手取りを大幅に超えるお金をたった数時間で使わなければならない苦痛で胃が痛くなる。
まあ、ワタベウェディングのドレス一着30万円に比べればましかもしれませんが・・・

ただ、お金で物を買わずに記念を買うという価値観は、理系の自分にとっては非常に頭の痛い問題です。
貴重な経験といえばそうかもしれませんが。

この記事のカテゴリー一覧に戻る:結婚式が終わった後も忙しい